家賃借りる

昔々、まだ貧乏学生だった頃、友人にお金を貸してひどい目にあったことがあります。
天涯孤独の身で奨学金とバイトの収入だけで暮らしているという友人は、しばしばそのバイトのために授業をサボっているような人でした。
そんな彼に、「家賃が払えなくて困っている。5万貸してくれ」と言われ、世間知らずで友人の境遇に同情もしていたわたしは、まずはキャッシングばれない.comなどを紹介し、キャッシングをすすめました。しかしキャッシングはしたくないとのことで、苦しい懐の中から5万を貸しました。

しかしその5万は、その次の月になっても、そのまた翌月になっても、一向に返ってきませんでした。

問い詰めると、「金はあげるつもりで貸せって言うだろ!」と逆ギレする始末...。
しまいには諦めてしまい、結局一銭も返ってこないまま卒業しました。
のちに聞けば、彼が大学の友人に話していた天涯孤独だというのは真っ赤な嘘で、ギャンブルにハマっての借金を繰り返していたそうです。
たったの5万で友人を一人失い、わたしとしては社会勉強にはなったものの、苦い思い出になってしまいました。

 

絶対に忘れない

お金って借りた方は忘れられるかもしれないけど、貸した方は絶対に忘れないものです!!!
学生時代に付き合っていた年上の彼氏にお金を貸したことがあります。
なんだかすごく上手な理由があって、「仕方ないな」、「必ず返すから」、みたいなやり取りがあって貸してあげました。
ただ、その時に年上の彼氏なのに、なんだか情けないなぁと思って、急速に気持ちが冷めていきましたね。
すぐ返すという約束がなかなか返してもらえず、どんどん嫌いになってしまうし、もうお金だけ返してもらってさっさと別れたくて仕方なかった...
まぁ向こうもそれを察知してか、全然会おうともせず、お金を返す話は一向に進まずに最悪。
あまりに腹が立ってきたので、わざわざ自宅(家電)に電話して、親に話をばらしてやりましたが。
それでも結局、お金を返してもらうことはなく、そのままお別れしました。
本当に金の切れ目が縁の切れ目ってこういうことだなぁとつくづく実感してしまう出来事でした。